FX チャートポイント

FX取引とチャートポイント

チャートポイントという用語、ひんぱんに目にすると思いますが、具体的に何?と問われるとけっこう答えにくいものです。
そのまま受け止めればFXの「チャート」における「ポイント」です

どういうポイントなのかというと、買ったり売ったりのFXトレードで目安となるポイント、つまりある特定の相場レートですね。

では特定のポイント、つまりチャートポイントはどうやって決まるのか。

実は決める方法は実は何十、何百通りもあります。非常にたくさんあるので「これで決まり!」というチャートポイントがあるわけではないんです。
なんだか禅問答みたいですね。ハッキリしろ!と言いたくなるでしょう。

FXのチャートポイントは3種類ある

より正確に表現すると、チャートポイントとは「多くのFXトレーダーたちが、このポイントがカギになる」と感じるような場所、特定の値のことです。
決定的な何かがあるわけではありません。

あくまで「このへんだろう」と感じるような場所のことです。

では、どうしてFXトレーダーたちは「ここがカギだ」と感じるのでしょうか。

大きくわけると3つのパターンがありそうです。

1.サイコロジカルなポイント。心理的なカベですね。
2.トレンドラインやチャネルの上下などの交差点。
3.そして特定の計算結果で求められた特殊な値、数値。

かなり大胆で雑な分類ですが、チャートポイントにはこの3種類があると思ってください。
もちろんどれが正しいなどと言えるものではなく、実際にはこの3種類が複雑に影響しあってチャートポイントが成立しているのです。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^