FX 分散投資

撤退と買い下がりの併用作戦

なーんだと思った方も多いと思います。
ナンピンがいけないのは、要するに計画性がないから。それなら、計画的に買い下がるナンピンならいいことにになるんじゃないの。

その通り。最初から計画的にスケジュールを組んだナンピンが、たとえば「逆ピラミッティング」の買い下がりとも言えるわけです。

逆ピラミッティングの場合は、いちばん最初のエントリーが非常に控えめなのが特徴でした。次に買い下がるときも、まだまだ控えめです。だから実質的にはナンピン・トレードをしても、トータルとしてはまだ余裕がある。余裕があるから、何回でもナンピンを続けることができる。

それだけの違いと言ってもいいくらいです。

しかし、そんなふうにかなり安全そうに見える「逆ピラミッティング」でも、実はまだリスクが内蔵されていますね。どんどん逆に動き続けるようなFX相場になってしまったら、どこまで続ければいいのだろう、ということ。

無限のFX資金を持っているわけではないのですから、どこかで資金が尽き、限界に達してしまいます。その限界に達した時点で、やはりオシマイです。

損をしながら買い下がるFX戦法もある

そこで現実的には、損切りトレードと買い下がりを併用するのがお勧めです。

ほんの一例ですが

・102円で買い取得=1枚 →ストップロスは101円
・101円で買い取得=2枚 →ストップロスは100円
・100円で買い取得=4枚 →ストップロスは99円

というようなパターンです。

102円のポジションを損切りして1万の損を計上しても、そのときは101円で2枚買っているので実質的な損はないはず。更にFX相場が下げた場合も同じですね。

ただし、この損切り設定では、ちっともメリットがありません。したがって現実的にはストップロスの設定をもう少し手前にするのも方法でしょう。その場合は少しずつ有利なポジション状況になるはずです。

あるいは多少の損を容認するスタイルも考えられます。その場合は

・102円で買い取得=1枚 →ストップロスは100.8円
・101円で買い取得=2枚 →ストップロスは99.8円

というような損切り設定になります。

少しずつ損はしますが、そもそもFX相場を読み違えたのだから仕方ないです。

少なくとも大きな損を抱えることにはなりませんね。かなり持ちこたえることができそうだし、最終的にはある程度の利益を出せる可能性もあります。

こうしたストップロスの設定は自分なりにしっかり考えてください。
どんな損切りスタイルがいいか断言は難しいのですが、少なくとも「大きなマイナスポジションを抱え込みすぎない」という大方針だけは貫きましょう。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^