FX 分散投資

1円ごとに1万、機械的に買い増していく

枚数を調整しながら買い上がったり、買い下がったり。計算上はたしかにスマートに帳尻があうのですが、現実のFXトレードではなかなか面倒ですね。

そこで枚数の増減などしないで、機械的に同じ枚数だけ売買する、というFXトレード法をとっている人もたくさんいます。

・たとえば100円で1枚買います。
・もし上げ相場なら101円でも1枚買い上がります。
・まだ上げ相場なら102円でも1枚買い上がります。
・そろそろ天井かなという気がしたら103円の買いは中止

というトレードです。

また読みが逆にいった場合も動じることなく

・たとえば100円で1枚買います。
・もし下げ相場なら99円でも1枚買い下がります。
・まだ下げ相場なら98円でも1枚買い下がります。
・まだ下げ相場なら97円でも1枚買い下がります。

というパターンです。

買い下がりのケースでは、かなりしつこく買い続ける必要がありそうですね。

ドルコスト平均法もFXに応用が可能

この機械的トレードを作戦とするのなら、FX相場をある程度長期にわたって読む必要があります。

とくにナンピンふうに買い下がっているとき、この下落トレンドはいったいどこまで落ちる可能性があるのか、しっかり見極めておかないとリスクが大きすぎます。

もし100から開始するなら、底の目安は90円なのか、85円なのか。そして90円、85円まで下げたとき、資金状況はどうなっているのか。キッチリ計算した上で買い下がる必要があります。

100円から90円近くまでの可能性が(まさかとは思うが)ありうるなら、1円刻みの場合は10万通貨のポジションを抱え込み、その平均取得値は95円になります。含み損は50万円です。

堪えられますか?

大丈夫という人だけに可能な戦法です。

実際、こうした機械的なトレードをしているFXトレーダーもいます。よそから見ているとわりあい益を出しているようです。

でも、これってようするに最初のエントリーを思い切り控えめにしているということですね。

10枚以上買える力があるのに、1枚しか買わない。そいう克己心のあるFXトレーダーだけにお勧めできる作戦です



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^