FX ギャンの価値ある28のルール

第4条:含み益を損に変えない

「利益が出始めたポジションを損失に変えてはいけない。含み益が出てきたらストップロスのオーダーを引き上げよう」

いわゆるトレーリングストップの考え方です。

FX相場の読みが当たってポジションに含み益が出てきた場合。もちろん、もっともっと益がふくらむことを期待します。

だいたい個人FXトレーダーの欠点は「利小損大」ともいわれますね。

マイナス方向への動きには「まだまだ」と我慢して、その結果として損が大きくなる。

プラス方向のときは「もし反転したら・・」と小心になりすぎて益幅が少ない。

ギャンは「もっと利益を伸ばせ」とは言いません。もっと伸びる可能性があっても、せっかく含み益が出てきたのなら、それが損になるまで放置してはならないのです。

もし100円で買ったポジションが101円まで上がったら、買値の100円にストップスを引き上げておきましょう。

これで損をする可能性はなくなったわけです。

もっと欲張ってストップロスを100.5円まで引き上げるべきかどうかについては、ギャンは何も言っていません。

そのあたりはケースバイケース。人それぞれでしょうね。どちらが結果として正しいかは分からないことです。

ただ一つ言えるのは「いったんは益が出てきたポジションなのだから、けっして損をしてはいけない」ということ。

ギャンが強調しているのは「損に変えない」というだけです。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^