FX ギャンの価値ある28のルール

第6条:迷ったらトレードしない

「迷いがあるときは手仕舞しよう。疑念を持ちながらトレードしてはいけない」

これは難しそうです。

たしかに「どうしようか・・」と迷うようなFXの局面でポジションを持ち続けるのは、なにも根拠がないわけですからバクチのようなもの。

トレードは自信のあるときだけすべきなんですね。

しかし多くの個人FXトレーダーは「自信はないけど、でも上げるかも」程度で参入しています。そして高下する相場を見ていると迷いはいっそう募ります。

そんなとき、スパッとポジションを整理できるでしょうか。益が出ているのなら手仕舞も簡単ですが、含み損の場面だったら?

でも、そんなときは決済してFX相場から離れるのがギャンにとっては正しい選択のようです。

難しいけれども、それをやらないと相場のカミサマにはなれない。

プロ級のFXトレーダーなど金曜の夜になると、益が出ていても出ていなくても、持ちポジションをさっさと清算したりしています。

土曜日曜に何がおきるかわからない。ポジションを継続すれば、つまりは「確信」のない状況で2日も過ごすわけです。

大きな影響力のある経済指標の前にも、やはりベテランFXトレーダーたちはポジションを切ります。

これからどうなるか不明。そんな場合はけっして頑張ったりしないで、きれいに撤退する。

心になにも負担のない状況で、また新しいポジションを考えるのが賢明なんでしょうね。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^