FX ギャンの価値ある28のルール

第23条:十分な根拠とルールでトレードを

「十分な理由もないのにポジションを変えてはいけない。トレードを始めたら、トレンドが変化する明確な理由や撤退のルールがない限り手をひかない」

小心なFXトレードをいましめているようです。
上がりかけたFX相場がちょっと落ちただけで怖くなって決済するようでは、大きな益幅は望めません。

撤退する、あるいは決済するのなら、十分な理由のある場合だけにしてください。

その理由とは、トレンドが変化しそうだという明瞭な証拠でもいいです。あるいは自分で決めたFXルールに従う場合でもいいでしょう。

ここでも大切なのは「ルール」なんですね。こんなときはこうするという作戦、ルールがあるから、イザというときに対応できる。

したがって「なんかイヤな雰囲気だから」という程度ではFX相場から逃げません。

もちろん、過去の経験から、自分がイヤな雰囲気を感じたときは60~70%の確率で当たる・・という実績があったのならまた話は別でしょう。そんなときは自分なりの「イヤな雰囲気マイFXルール」があるということです。

いずれにしても、撤退や決済にはルールと根拠が必要です。

もちろん、そのルールには絶対に従わないといけませんね。従えないルールなんて、ないほうがマシです。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^