FX テクニカル分析

FXトレードで人気のテクニカル分析とは

テクニカルという用語、よく聞きますね。直訳すればもちろん「技術的な」ということですが、それでは中身があいまいで意味不明。

FXトレードでは一般に「ファンダメンタル」と対比されて「テクニカル」という言葉が使われています。
ファンダメンタルとは、国家や会社の財務内容のようなものですね。

たとえば米国の雇用統計指数が下がると、FXでドルは弱含みになります。反比例して円やユーロが強含みになる可能性もあります。/p>

しかし一国のファンダメンタルとその影響を、個人FX投資家がどれだけ研究できるでしょう。詳細な内情なんて知りようがありません。

また、風が吹けば桶屋が儲かる式の果てしない循環を想像しないと、人より先んじることは不可能でしょう。なかなか難しいことです。

データは無料。FX相場を研究しよう

それにくらべるとテクニカルの基礎になるのはFX相場のチャートです。

FXチャートはもちろん世界中の機関投資家、FX個人投資家、実需で外貨を売買する会社などなど、膨大な数のトレーダーの取引結果を数値にしてグラフ化したものです。

みんなそれぞれの事情と思惑で外貨を買ったり売ったりしています。その集積がチャートになり、データとして残されます。

FXトレーダーで「チャートを見たことない」という人はいません。
だれに対しても公平に与えられたデータがFXのチャートグラフ。

これを勉強するもしないも自由。

考えてみると、ジグザグ模様の連続であるチャートの中には、ものすごいデータがかくされているのですね。
それを研究し、学び、予測し、次のトレードに役立てようというのがテクニカル分析。

テクニカルさえ知っていれば必ず儲かるなどとは、絶対に断言できません。
でもテクニカルのおかげで、そこそこ益を上げているという投資家はたくさんいます。

勉強する価値は十分ある。その点は間違いないのです。



今注目度No1のFX会社は「クリック証券」。

クリック証券のFX口座を使っていますか?

ドル円のスプレッドが固定0.8銭。他の通貨ペアもユーロ円1.8銭、ポンド円2.8銭など、有利なスワップ設定がポイントです。

高機能テクニカルツールも装備しているので、テクニカル分析・短期トレードなど使い勝手が良いFX口座となっています。

まだ口座開設をしていない方は詳細をチェックしてみて下さい^^